チャートを読む

最近、手軽に出来る副業と銘打ってFXがはやっています。

FXの会社なども増えて、初回取引キャッシュバックもかなり高額になりつつあります。

このようなブームで気軽にFXを始めてしまう人が沢山います。最近では、チャートも読めないのにFXをやっているという人まで現れています。現実を言うと、そういう人のほとんどが確実に損します。

チャートを読むことはFXをするにあたって基本中の基本です。移動平均もわからないようでは話になりません。

ぜひ、これからFXを始めてみようかなと思っている方は、まずはチャートを読めるようにしてください。チャートが読めるようになるまでは、決してリアルマネーを使わず、デモトレードで学んで下さい。そうしなければ確実に損をします。

また、自動売買システムを使おうかと思っている方もいると思いますが、自動売買をするにあたってもチャートを分析して、どの範囲で、どの方向で自動売買を行うのかを決めなければなりません。ここでもやはりチャートが命です。

FX会社によっては、エントリーするタイミングが分からない、どのようにすればいいのか分からないという事で初心者向けに自動売買システムがあることを謳っていますがこれは危険であると思っています。

と言うのは、この自動売買システムと言うものは一定のレンジの下でエントリーして売買注文をするのですが、このレンジが大幅に狂うとそれだけ保有ポジションが増えてしまいます。その結果、必要証拠金も増えさらに保有ポジションに応じて損失額も増えていくからです。

長期的な視点で取引をすることを目的としていますが、例えば南アフリカランド円で半年ほど前から自動売買をしていたと考えると当時のレートが8円後半ですが、現在は7円前半まで暴落しています。

もし、買い注文だけで自動売買をしていたらその分ポジションも増えますし損失もおおきくなっており最初にエントリーした8円後半のポジションが利益が出るのも当分後の話になってしまいますし最悪ロストカットされることも考えられます。

と言う風に、自動売買は使い方によっては利益を出しやすいのかもしれませんがレンジが大幅にずれると損失を出す恐れもあるため注意が必要です。

なのでまずはじめはチャートの読み方を覚える。このことからスタートしてみて下さい。

システムによって、自動売買というのは大きく変わってくることでもありますが、特に海外ではかなりの違いがあります。

精度の高いものもあれば、かなり大雑把に取引をしているものもあるので、その違いをしっかり考えて行かなければなりません。
適当に取引をしていると、思っていたような売買が実行されません。

そもそも海外FXで使われているシステムには、色々な取引方法が混ざっています。かなり細かく設定されているものもありますが、結構適当に作られていて、取引のタイミングが合わないものもあります。自動売買については、確実に取引を開始してくれて、その上で、取引が継続されつつ、払うタイミングが的確なもので無ければなりません。

自動売買を行っている会社も結構ありますが、ばらつきによって思ったほどの取引が成立しないこともありますので、状況をしっかり把握してから、なるべく精度の高いものを選んでください。

利用している人が多いものを選べば、とりあえず失敗はありません。